妊娠 初期 便秘

妊娠すると、母体には様々な変化が起こります。その一つに、「便秘」があります。妊娠初期の便秘には、いくつかの原因があると言われています。
1つ目に、「つわり」です。個人差はありますが、妊娠初期は多くの妊婦さんがつわりに苦しみます。つわりで食欲がわかず、満足な食事の量が取れなくなり、その結果、便の量そのものが減ってしまいます。また、食事を取れたとしても、匂いや食感などで食べられるものが限られてしまい、なかなか栄養面まで気を使えなくなります。
2つ目に、「ホルモンバランスの変化」です。妊娠すると、非妊娠時に比べて、黄体ホルモンの分泌が多くなります。この黄体ホルモンには、腸の働きを弱くする作用があるのです。つわりで食事を取れていない場合、便の量が少ない上に腸の働きも弱くなり、便秘がちになってしまいます。
3つ目に「運動不足」です。妊娠初期はデリケートな時期なので、できるだけ無理はせずに安静にしていた方が良いとされています。しかし、今までよりも体を動かさなくなることが、便秘の原因になってしまいます。また、妊娠初期は、女性ホルモンの一つである「プロゲステロン」が多く分泌されます。このホルモンは、睡眠を促す作用があるため、分泌が多い妊娠初期は、日中でも強い眠気に襲われたりします。眠気による運動不足で腸の働きが弱くなり、排便できない便が溜まってしまうのです。
妊娠中の便秘は、かかりつけの産婦人科に相談をすると、妊娠中でも飲める薬を処方してもらえるでしょう。しかし、妊娠中はできれば薬を飲みたくないという女性も少なくありません。そんな方は、まずは普段の生活でいくつか気を付けられる点があるので、それを実践してみてはいかがでしょうか?
まずは、水分を多くとることです。特につわりの時は、脱水症状になりやすいです。毎朝起きてすぐコップ1杯の水を飲むことで、腸の動きが活発になります。つわりで苦しい時は、スープやゼリーなど、食べられるもので水分補給すると良いでしょう。
また、食物繊維や乳酸菌を取ることを意識しましょう。特に、乳酸菌は腸内環境を良くするだけでなく、乳酸菌が含まれているヨーグルトや牛乳には、妊娠中に欠かせないカルシウムやタンパク質なども含まれています。ヨーグルトに、食物繊維の多いバナナを入れて食べたり、体内の善玉菌であるビフィズス菌をサポートする役割のオリゴ糖をかけて食べたりと、工夫次第で腸内環境を整えることができます。
出典妊婦便秘解消にオリゴ糖がおすすめ
いきなり薬に頼らず、まずはこのような方法を実践してみるのはいかがでしょうか?

2015年4月13日 コメントは受け付けていません。 未分類